1万円札の上側

クレジットカードの利用停止に注意

急に現金が必要になった時など、クレジットカード現金化をする人が増えています。
自分名義にクレジットカードがあれば、そのショッピング枠を現金にするというものですからほとんどの人が利用できるのが大きなメリットです。

多くの人が利用しているけれども…

黄色と緑のカード
最近では学生や主婦など自分自身の収入がない人でもクレジットカードを持つことができますし、審査がない、書類提出などの面倒がない、すぐに対応してもらえ即日入金も可能といった点も人気です。
その他にも、わざわざ店舗に出向く必要がなくインターネットで申し込みができる、信用情報機関に記録が残らないといった点も多くの支持を集めている理由です。
このようにたくさんのメリットがあるクレジットカード現金化ですが、リスクもあることは認識しておくべきでしょう。

カードの利用停止の可能性も


そのひとつがクレジットカードのショッピング枠を現金化する行為はクレジットカード会社で禁止している点です。
とはいえこの行為は違法ではなく、ただカード会社が利用規約によって禁止しているだけです。
ですからこの利用規約に反したからといって犯罪になるというわけではないのです。
しかし、カードの利用停止処分を受ける可能性はあります。
利用規約にもその旨が記載されているはずですから、一度や二度くらいなら利用者への注意喚起に伴う利用停止なのですぐに処分は解除されるかもしれません。
けれどもその後も同じような状況が続くのなら強制退会といった処分を受けることもあるでしょう。

バレなければこういった事態になることはないのですが、カード会社では換金率の高いものを大量、また定期的に買っていたり家庭にひとつあれば十分な品物をいくつも買っているといったケースは「おかしい」と判断します。
このように、常にカード会社が常に買い物の内容を監視していることは知っておくほうがいいでしょう。

どんな人が目を付けられやすいか

ただ、大量のカード利用者全ての買い物の監視を行なうのはまず不可能です。
したがって、現金化が疑われるような買い物の特徴を自動的にピックアップするシステムが使用されているのです。
たとえば、クレジットカードのキャッシング枠を目いっぱい使っている人は現金化をする予備軍と判断され監視対象となります。
その人たち中で前述したような「おかしな」買い物の仕方をしている人は現金化をしている可能性が高いと判断され利用停止処分を受けてしまうリスクがあるというわけです。
これらの点に留意して買い物をすればバレる可能性は低くなって、現金化をしてもカードの停止処分を受けるリスクを下げることができるでしょう。