1万円札の上側

現金を回収しやすい商品

クレジットカード現金化というやり方は、早い話がクレジットカードのショッピング枠を使った転売をするということです。
商品を購入して、それを自分で使う目的ではなく、転売目的で購入するため、クレジットカード会社にはマークされるやり方になります。
現金化の際に業者を使う場合には、その中で現金還元率の高い商品とそうではないものがありますが、これはなぜでしょうか。

商品による現金化率の違い

ショッピング枠を使って現金化をするのですから、少しでも高い金額を還元されたいと思うことでしょう。
同じ額を払って満額を得ることはできないにしても、それに近い金額を得られたほうが現金が必要な事情がある以上はメリットが大きくなります。
そして、商品によって還元率が高いものとそうではないものが業者によってきめられていますが、これはたいていどこでも似通っているものです。
なぜそういった値段の差が生まれてくるかというと、転売の際の現金を回収できる率に深くかかわってきます。

業者側からの商品の指定

バッグのシルエット
現金化業者からは、どのような商品を購入するかということを事前に指定されることになります。
これをクレジットカードを使って購入して、その証明をすることによって振り込みをしてもらえるようになるのです。
業者が選ぶ還元率の高い商品というのは、転売しやすく現金化しやすい商品ということになります。
しかし、これはその反面、クレジットカード会社もチェックしている確率が高いリスクのある商品ということになります。
特にブランド品などはこういった転売目的で購入されることが多く、クレジットカード会社としても現金化のために購入されているのではないかと監視しているのです。

還元率が高いものばかりを狙うリスク

一度や二度の購入では発覚することはないかもしれませんが、それが何度も繰り返されているとなるとクレジットカード会社としても無視できなくなってきます。
これは明らかにクレジットカード現金化のために利用しているということになったら、カード利用停止などの憂き目にあうこともあるかもしれません。
当然、これは会社側からしてみれば当然の措置なのですが、これ以上現金化できないというような状況に陥ってしまうことになりますね。
業者を利用するままに高い還元率の商品を購入しまくるということもそれだけのリスクがあります。
もともとがグレーなやり方であるので、相応のリスクを常に負っているということは意識しなければなりません。

  « 前の記事: を読む