1万円札の上側

現金化にはどんなリスクが?

実際のところ、クレジットカード現金化を行ってくれる業者はいくつもあります。
しかし、そういった業者があるからといって、クレジットカード現金化そのものの手法が正当化されたわけではありません。
実質これはグレーなやり方であるため、何度も繰り返して現金化を行うことにはリスクが伴うことも承知しておきましょう。

カードが利用できなくなるかも

落胆する男
具体的に現金化を行うことによってどのようなリスクがあるかということの一つに、カードそのものが利用停止されてしまうかもしれない、ということがあります。
クレジットカードは本来ショッピング枠を使って商品を購入するためのものであり、ショッピング枠をそのまま現金に変換するということは推奨されていません。
クレジットカード会社が意図しない利用方法のため、こういった使い方については厳しくチェックされることがあります。
その結果、クレジットカード利用規約違反として、カードの利用停止の処分を受ける可能性もあるので、十分に意識しておきましょう。

現金を得るためにはキャッシング枠

クレジットカードには、キャッシング枠という現金を引き出すための枠が最初から用意されています。
クレジットカード会社としては、現金を引き出すにはこちらを使えという意図がありますので、ショッピング枠の現金化はこの網目を縫ったようなやり方になります。
グレーなやり方を担う現金化の業者もまたグレーな存在であり、安心して使えるようなものではとてもありません。
業者そのものが悪質な業者である可能性も十分に考えられますし、例えば業者のサイトに古物商を取得しているなどと記載されていたとしても、それと現金化とはまったく無関係の話なのです。

最後の手段としてとらえておく

クレジットカード現金化は、そういった理由からたびたび繰り返して使えるようなやり方ではないということですね。
それ相応のリスクがあり、そもそもクレジットカードを利用停止させられてしまうかもしれないというほどの問題を抱えたやり方ですから、違反をしているという意識を常に持っておきましょう。
お金が今すぐに必要だけど、クレジットカードのキャッシング枠は使い切ってしまっていてどうすることもできない、誰にも借りる当てがない、というどうしても非常の際の回避手段として、ほかになんのやり方もないときにはじめて検討するレベルの意識を持ちましょう。
一度だけのつもりで現金化をして、クレジットカードが停止されてしまっては、その後にさらに困ってしまうことになるでしょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »